セレブなマダムとなりきり童貞

25歳の会社員です。彼女はいますが、出会い系でも適当に女性を探して遊んでいます。もちろん、彼女には絶対内緒です。

彼女が3つ下なので、遊び相手はついつい年上を求めてしまいます。先日、出会い系にプロフを載せました。「19歳、大学生、童貞です。何も知らないので、年上お姉さん、いろいろ教えてください」との内容で。

童顔できゃしゃな僕は、ふだんから年より若く見られることが多く、今回は童貞になりきって遊ぼうと思いました。

童貞のフリしてたら・・・

ガンガン連絡が届きました。ほとんどが20代後半から30代、それ以上のお姉さんたちからでした。「薫」という35歳の人妻と連絡を取り合い、会うことにしました。

薫さんは社長の奥さんで、顔を隠した写メをもらいましたが、いかにも社長夫人といった感じのセレブでゴージャスな雰囲気をもっていました。

土曜の午後、待ち合わせ場所にやってきた薫さん。スタイルもさることながら、顔も綺麗でした。タレントの橋本マナミにどことなく似ている感じでした。

 

僕は、わざとおどおどキョドってる雰囲気を出しました。薫さんは「緊張しなくていいのよ」と優しく言いました。

「綺麗な人なので、ドキドキです」と言うと、「お上手ね」と薫さん。僕は薫さんのぽってりした唇を彩る鮮やかなルージュの色を見ながら、チンポを勃起させていました。

いざホテルへ。風呂場で薫さんに洗ってもらいました。僕の勃起しているデカチンに、薫さんはビックリし、嬉しそうでした。

セレブなマダムはドスケベ

薫さんの手つきは絶妙で、僕はすぐにでも襲い掛かって薫さんを犯したくなりましたが、我慢しました。薫さんはひざまずいて僕のデカチンをくわえました。

綺麗な顔の薫さんが口いっぱいにチンポを頬張っている絵は圧巻でした。写メで撮って保存しておきたかったぐらいです。薫さんは上目遣いで、「どう? 気持ちいい?」と聞きながら舐め回してくれました。

僕は童貞っぽく、「アフッ……気持ちいいですぅ」と、「サザエさん」に出てくるタラちゃんのような声で答えました。

 

ベッドに移動して、寝かされた僕は、チンポをおっ立てたまま、まな板の上のコイのようになって、薫さんの愛撫を受けました。

僕が反応するたびに、「かわいい」と言って薫さんはチューをしてくれました。

僕のチンポは我慢汁でヌルヌル。薫さんはそれをローション代わりにしごいてくれたのですが、かなり気持ち良かったです。今度は僕が上になって薫さんに奉仕する番です。

 

乳首の舐め方を薫さんが教えてくれました。わかってることばかりでしたが、初めて聞くふりをして実践しました。薫さんは「じょうずよ……」と言っていい声を出していました。

マンコも気合いを入れて舐めました。クリをバリエーションをつけて舐め回したところ、「ほんとに初めて?」と薫さん。

「薫さんに気持ち良くなってもらいたい一心です」と言うと、マンコを舐めていた口にチューをされました。さあ、いよいよ挿入です。薫さんは生挿入を許してくれました。

童貞のフリしてチンコの挿入

「どこに入れればいいんですか」とおどおどしながら言うと、薫さんがチンポに手を添えて導いてくれました。僕はとりあえずカリの部分まで薫さんの中に埋め込み、遊んでいました。

プチャプチャといやらしい音がしていました。薫さんは、「やだ、童貞のくせに」と、マン汁をあふれさせながら言います。僕は頃合いを見計らって、一気にブスッと根元まで突き刺しました。

「あぁぁぁっ!」と薫さんが絶叫しました。すぐにギリギリまで引き抜くと、またもや薫さんが悲鳴を。僕は嬉しくなって、緩急をつけながらランダムな出し入れを始めました。

 

「あぁぁぁっ……あなた、うそついてるでしょ……童貞なんかじゃ、あああっ!」僕は、冷めた目で薫さんを見下ろしながら、ウォーミングアップの出し入れから、本格的なガン突きに移行させました。

薫さんは僕の両手を握りながら、「あぁぁ、いい、あなた、いい」とうわ言のようにいいながら突かれまくっていました。親指でクリをこすってやると、膣がキュウンと締まり、我慢汁が絞り取られました。

形勢はすっかり逆転。僕は薫さんを四つん這いにさせて犯したり、まんぐり返しにして潮を噴かせたりして遊びました。

 

薫さんの中に大量にぶちまけた後、チンポをティッシュで拭きながら、「これで童貞卒業できました」と言うと、薫さんから「いいかげにしろ」と笑いながら小突かれました。

お詫びのしるしに、その後も気が済むまで薫さんをハメ倒してあげました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*